Uncategorized

ドイツってどんな国?日本からでも移民をうけいれてくれる?ドイツのいろは

nieee

ドイツは中央ヨーロッパに位置する国で、経済的に強力で歴史的にも重要な役割を果たしています。以下は、ドイツに関するいくつかの特徴です。

人口と主要都市

ドイツの首都はベルリンでドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置しています。市域人口はおよそ370万人です。人口第2位で約184万人のドイツ北部に位置しエルベ川河口から100 kmほど入った港湾都市のハンブルグ。3番目に大きな都市で市域人口は150万人のミュンヘンなど、国際金融の中心地であり、国内の工業と商業の中心で人口約77万人のフランクフルトがあります。

地域性と気候

中南部と北部で気候が異なり、中南部は大陸性気候で北部は海洋性気候に該当します。平均年間気温は東京よりも低く、降水量は中南部の方が若干多いです。

税金

ドイツの消費税は「付加価値税(Value Added Tax, VAT)」として知られおり、ドイツでは VAT を「Mehrwertsteuer(略称:MwSt.)」と呼びます。

標準税率: ドイツの標準税率は通常19%です。これは一般的な商品やサービスに適用されます

軽減税率: 一部の特定の商品やサービスには軽減税率が適用され、この税率は通常7%です。例えば、食料品、一部の書籍、新聞、ホテル宿泊などが軽減税率の対象です

免税品: 特定の商品やサービスは免税とされます。例えば、医療サービスや特定の金融取引が免税の対象になることがあります。

所得税:所得が高いほど税率も高くなり、約9,744ユーロまでは課税対象外。

  • 9,745ユーロから57,918ユーロまで: 0%から42%
  • 57,919ユーロから274,612ユーロまで: 42%
  • 274,613ユーロ以上: 45%

所得税に加え、高額の所得者にはソリダリティ割増税 (Solidaritätszuschlag) が課されることがあります。この割増税は、所得税の5.5%となります。

教育

ドイツの教育システムは連邦制を採用しており、16の連邦州(Bundesländer)がそれぞれ独自の教育制度を有しています。ただし、基本的な構造や教育段階は全国的に共通しています。以下に、ドイツの主な教育段階を説明します。

  1. 幼児教育(Kindergarten):
    • 幼児期から6歳までの子どもたちが対象で、基本的な教育や社会性の発達を促進するための施設です。
    • 幼稚園(Kindergarten)や保育園(Kita)が含まれます。
  2. 基礎教育(Grundschule):
    • 年齢6歳から10歳までの子どもたちが4年間通う義務教育の最初の段階です。
    • 基礎教育の終了後、学力や適性に応じて次の進学先が選ばれます。
  3. 中等教育(Sekundarstufe I):
    • 10歳から16歳までの生徒が通う段階で、主に中学(Hauptschule、Realschule、Gesamtschule)やギムナジウム(Gymnasium)に分かれます。
    • 中学では主に実用的なスキルや職業教育が重視され、ギムナジウムでは大学進学を目指す一般教育が提供されます。
  4. 中等教育(Sekundarstufe II):
    • ギムナジウムを卒業した生徒が、2年間の高等教育段階に進みます。この段階がアビトゥーア(Abitur)と呼ばれ、大学への進学資格を提供します。
  5. 職業教育(Berufsbildende Schulen):
    • 職業教育機関では、実践的なスキルを身につけることが重視されます。
    • 職業学校や専門学校において、様々な職業に特化した教育が提供されます。
  6. 大学教育(Hochschule):
    • 大学や専門学校での高等教育は、アビトゥーア資格を持つ者が対象です。
    • 大学は多岐にわたる学科や専攻があり、学位を取得するためのさまざまなプログラムが提供されています。

ドイツの教育システムは独自性があり、職業教育と一般教育のバランスがとれています。また、高等教育は一部の大学を除き公立であり、学費が比較的低いことでも知られています。

医療

ドイツの医療システムは高品質かつ包括的で、患者に対する適切な医療を提供することで知られています。

  1. 健康保険制度:
    • ドイツは健康保険制度が整っており、国民の大部分が法定の健康保険に加入しています。雇用者と被雇用者が健康保険料を負担し、公的な健康保険により医療サービスが提供されます。
  2. 医療施設:
    • ドイツには高度な医療施設が広く分布しており、近代的かつ技術的に進んだ医療機器や施設が利用されています。公立病院や私立病院、診療所、リハビリ施設などがあります。
  3. 医療専門家:
    • ドイツには高度な医療専門家が多数存在し、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、心理士などが協力して患者に適切な治療を提供しています。
  4. 予防医療:
    • ドイツでは予防医療が重視されており、予防プログラムや健康診断が定期的に実施されています。これにはがん検診、予防接種、健康教育などが含まれます。
  5. 薬局 (Apotheke):
    • 薬局はドイツにおいて重要な役割を果たしています。処方箋薬や市販薬は薬局で購入でき、薬剤師が適切な情報やアドバイスを提供します。
  6. 診療予約:
    • 一般的には医療機関での診療を受ける際、予約が必要です。ただし、緊急の場合は病院の救急室を利用することができます。
  7. 国際保険:
    • ドイツに滞在する外国人も、健康保険への加入が義務付けられています。留学生や労働者などは、公的健康保険または私的健康保険に加入する必要があります。

総じて、ドイツの医療システムは効率的かつ患者中心のアプローチを採用しており、高い水準の医療が提供されています。

移民

ドイツは歴史的に、さまざまな時期に異なる地域や文化からの移民を受け入れてきました。

  1. ゲストワーカーと難民:
    • 1950年代から1960年代にかけて、ドイツはゲストワーカー制度を導入し、トルコ、イタリア、ギリシャなどから労働者を受け入れました。また、1970年代以降、多くの難民や移民が政治的な理由や戦争から逃れてドイツにやってきました。最近では、シリアや他の中東諸国からの難民が注目を集めています。
  2. EU市民の自由な移動:
    • ドイツは欧州連合(EU)の一員であり、EU市民は基本的に自由な移動が可能です。これにより、他のEU加盟国からの労働者や移民が比較的容易にドイツに移住できます。
  3. 多文化社会:
    • 現代のドイツは多文化な社会であり、様々な国や文化出身の人々が共存しています。大都市では異なる背景を持つ人々が多様な文化をもたらし、レストランやイベント、言語などでその多様性が見られます。
  4. 移民の課題と政策:
    • 移民に関する課題も存在しており、労働市場への統合や異なる文化の調和、言語の問題などが挙げられます。政府はこれらの課題に対処するために様々な政策やプログラムを実施しています。
  5. ブルーカード制度:
    • 高度な技術や専門的な分野の労働者をドイツに引き寄せるために、EUブルーカード制度が導入されています。これにより、特定の条件を満たす外国人が労働市場にアクセスできます。

移民はドイツの経済や文化に多くの貢献をもたらしており、一方で適切な統合や社会的な課題への対応が求められています。ドイツ政府は移民に関する政策を継続的に見直し、変化に対応しています。

物価

ドイツの物価水準は一般的に高いとされていますが、具体的な物価は場所や都市によって異なります。

  1. 住宅:
    • 住宅費用は地域によって大きく異なります。大都市や経済的に発展した地域では、住宅費用が高くなる傾向があります。賃貸アパートメントの家賃や不動産価格は都市や州によって異なります。
  2. 食料品:
    • 食料品の価格も地域によって変動しますが、一般的には他のヨーロッパ諸国と比較してやや高めです。スーパーマーケットや地元の市場での食材の購入が一般的です。
  3. 交通:
    • 公共交通機関やガソリンの価格は相対的に高い傾向があります。ただし、効率的で信頼性の高い公共交通機関が整備されているため、車を所有しない生活も可能です。
  4. 健康保険:
    • 健康保険は法的に義務付けられており、その費用は収入に応じて変動します。雇用者と被雇用者が保険料を折半して支払います。
  5. レジャーと文化:
    • レストラン、映画、劇場などの娯楽施設の価格も都市によって変動します。大都市では娯楽の費用が一般的に高くなります。
  6. 教育:
    • 公立学校は無料で、高等教育も相対的に手頃な価格です。ただし、私立学校や一部の特定のプログラムは有料となります。

総じて、ドイツは生活費が高い国の一つとされていますが、高い物価に対して高い生活水準と豊かな社会サービスが提供されています。

平均所得

ドイツの平均所得は毎年変動しますが、一般的には高い水準にあります。平均所得は様々な要因によって影響を受け、都市や地域、産業、職業などによって異なります。

  • 全国平均: ドイツ全体の平均所得は約40,000ユーロから50,000ユーロの範囲内にあります。これは個々の労働者や家族の収入に基づくもので、全体の平均を示しています。
  • 都市と地域差: 大都市や経済的に発展した地域では平均所得が高い傾向があります。一方で、農村部や経済的に挑戦を抱える地域では平均所得が低いことがあります。
  • 職業別: 職業によっても平均所得に差があります。例えば、高度な技術や専門的な分野で働く人々の平均所得は一般的に高いですが、サービス業や一部の産業では平均所得が低いことがあります。

ドイツは一般に高い生活水準を有しており、経済的な発展と社会的なサービスの整備が進んでいます。

政治体制

ドイツは連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland)として知られ、基本法(Grundgesetz)に基づく連邦制の民主主義国家です。

  1. 国家元首:
    • ドイツの国家元首は大統領(Bundespräsident)であり、主に儀礼的な役割を果たしています。大統領は国会(Bundestag)および連邦参議院(Bundesrat)の議長を指名する権限を有しています。
  2. 政府:
    • 行政の中心は連邦政府であり、これは首相(Bundeskanzler)が率いる連邦閣僚制度によって構成されています。首相は議会で選ばれた政党の指導者であり、主要な政策の立案と執行に関与します。
  3. 議会:
    • ドイツの議会は二院制で、下院が連邦議会(Bundestag)、上院が連邦参議院(Bundesrat)です。連邦議会は一般選挙で選ばれ、メンバーは4年の任期で議席に就きます。連邦参議院は連邦州の代表で構成され、州政府が指名します。
  4. 基本法:
    • ドイツの憲法は「基本法」として知られており、1949年に採択されました。基本法は権利と自由、法の支配、人権の保護などに関する基本的な原則を定めています。
  5. 連邦制:
    • ドイツは連邦制を採用しており、16の連邦州(Bundesländer)が自治権を有しています。各州は独自の議会と政府を有し、特定の政策領域において独自の法律を定める権限があります。
  6. 選挙制度:
    • 一般選挙は連邦議会のメンバーを選出するために行われます。連邦議会の議席は比例代表制に基づいて分配され、政党は得票率に応じて議席を獲得します。
  7. 司法制度:
    • ドイツの司法制度は独立しており、憲法裁判所(Bundesverfassungsgericht)を含む連邦裁判所が国の最高裁判所です。各州も独自の司法機関を有しています。

ドイツの政治体制は民主主義と法の支配に基づいており、積極的な市民参加や政治的な多元性が特徴です。

主な社会問題

ドイツにおいてもさまざまな社会問題が存在します。

  1. 移民と多文化共生:
    • 移民が多様な文化や背景をもたらし、これに伴って多文化共生の課題が生じています。これには労働市場への適切な統合や文化の調和、言語の問題などが含まれます。
  2. 経済格差:
    • 経済格差や貧富の差が社会的な問題とされています。大都市と地方、職業や教育水準によって生じる格差が存在し、これに対処するための政策が求められています。
  3. 環境問題:
    • 環境問題はドイツでも重要な課題となっており、気候変動、エネルギー政策、廃棄物処理、持続可能な開発などが取り上げられています。
  4. 老齢化社会と福祉:
    • ドイツも高齢化社会が進んでおり、これに伴って介護や福祉に関する課題が生じています。適切な老齢者ケアや年金制度の維持が懸念されています。
  5. 教育のアクセスと質:
    • 教育制度への平等なアクセスや教育の質に関する問題も存在します。これには早期教育、職業訓練、大学へのアクセスなどが含まれます。
  6. 労働市場の変化:
    • デジタル化や技術の進化に伴い、労働市場が変化しています。これにより一部の産業での雇用の不安定性や職業訓練の必要性が議論されています。
  7. 健康と医療:
    • 健康問題や医療へのアクセスも社会的な関心事です。特に公的な健康保険の制度や医療の効率性についての議論があります。

これらの社会問題に対処するために、政府や市民社会が協力して様々な取り組みを進めています。ただし、これらの課題は複雑であり、解決には長期的な戦略と包括的なアプローチが必要です。

社会性

ドイツの社会性や文化は、多様で歴史的な背景や地域差が反映されています。

  1. 秩序と規律:
    • ドイツ社会は秩序や規律を重視する傾向があります。公共の場ではマナーやルールを守ることが期待され、時間を守ることも重要視されます。
  2. 個人のプライバシー:
    • ドイツ人は個人のプライバシーを尊重し、他人の私生活に干渉しない傾向があります。公共の場での個人の空間を尊重する文化が根付いています。
  3. 堅実さと効率性:
    • ドイツ社会では、堅実さや効率性が価値観とされています。仕事においては責任感や真摯な態度が重要視され、効率的に業務を遂行することが期待されます。
  4. 共同体の意識:
    • ドイツは地域や共同体の意識が強い社会であり、地域社会や隣人との良好な関係が重視されます。特に小規模な町や村では、コミュニティが密接な結びつきを持つことが一般的です。
  5. 環境への意識:
    • ドイツ社会は環境への意識が高いとされています。再生可能エネルギーの導入や環境保護活動が進んでおり、市民の多くが環境に対する責任を感じています。
  6. 教育と知識:
    • 教育に対する価値が高く、知識や専門性が重要視されます。高い教育水準を持つ社会であり、大学教育へのアクセスが一般的です。
  7. 社会的公正と福祉:
    • 社会的公正や福祉が重要視されており、健康保険や社会保障制度が充実しています。これにより、社会的な安全網が整備されています。

ドイツ社会はこれらの価値観や特徴に基づいて形成されていますが、個々の人々の意識や行動は個人差があることを考慮する必要があります。文化や社会性は多様であり、地域や世代によっても異なる場合があります。

ABOUT ME
Niee
Niee
バイトリーダー
ご訪問頂き誠にありがとうございます。管理人のNieeです。現在カナダへ移住して紆余曲折をへて11年になります。どの様に海外移住するのか、どんな地域がなのかを記事を通してお伝えして行きます。よろしくおねがいします。
記事URLをコピーしました