Uncategorized

アメリカに移住したい!そんな方への基礎情報と主な永住権取得情報を4つ紹介!

nieee

アメリカでの永住権(グリーンカード)の取得にはいくつかの異なる方法があります。この記事では主な取得方法を4つ紹介します。

アメリカの永住権(グリーンカード)とは

アメリカ永住権(グリーンカード)は、アメリカ合衆国で永住する権利を与える法的な身分です。グリーンカードを持つことで、アメリカ国内で自由に働いたり、学んだり、住んだりすることができます。永住権保持者は一定の権利と責任を有し、一般的にアメリカ市民と同じ法的な地位を享受しますが、選挙権やアメリカのパスポートを取得する権利はありません。

1. 家族単位での移民:

  • 家族単位での移民ビザ:
    • アメリカ市民または永住権保持者の家族として、親、配偶者、子供などがスポンサーによって移民する方法。
  1. アメリカ市民の配偶者:
    • これはアメリカ市民の合法的な配偶者を指します。アメリカ市民は外国生まれの配偶者を移民の利益のためにスポンサーできます。スポンサリングする配偶者は、移民プロセスを開始するために外国生まれの配偶者のために嘆願書を提出する必要があります。
  2. アメリカ市民の21歳未満の未婚の子供:
    • アメリカ市民は、21歳未満の未婚の子供を移民の利益のためにスポンサーできます。スポンサリングする親は、子供のために嘆願書を提出して移民プロセスを開始する必要があります。
  3. アメリカ市民の21歳以上の親:
    • 21歳以上のアメリカ市民は、親を移民の利益のためにスポンサーできます。スポンサリングする成人の子供は、親のために嘆願書を提出して移民プロセスを開始する必要があります。
  4. 米国市民の未婚の子供で、21歳以上:
    • 米国市民の未婚の子供で、21歳以上の場合。
  5. 米国市民の既婚の子供:
    • 米国市民の既婚の子供の場合。
  6. 米国市民の兄弟姉妹で、21歳以上:
    • 米国市民である兄弟姉妹で、21歳以上の場合。
  7. 米国市民の婚約者(K-1非移民ビザ)として米国に入国した個人 米国市民の婚約者(K-1非移民ビザ)の子供として米国に入国した個人(K-2非移民ビザ)
  8. これらのフレーズは、K-1およびK-2非移民ビザのカテゴリーに属する個人を指しています。一つずつ説明します:
  9. 米国市民の婚約者(K-1非移民ビザ)として米国に入国した個人:
    • これはK-1非移民ビザカテゴリーの下で米国に入国した個人を指します。K-1ビザは、米国市民と婚約している外国国籍者が米国で結婚し、その後永住権を申請するためのビザです。米国に入国した後、その個人は一定の期間内に米国市民と結婚しなければなりません。
  10. 米国市民の婚約者(K-1非移民ビザ)の子供として米国に入国した個人(K-2非移民ビザ):
    • これはK-2非移民ビザカテゴリーの下で米国に入国した婚約者の未婚の子供を指します。K-2ビザは、米国市民の婚約者の未婚の子供(21歳未満)が米国に入国し、一定の期間内に米国市民の婚約者と結婚し、永住権を追求するためのビザです。
  11. 未亡人または未亡人: これはその個人の配偶者(米国市民)が亡くなったことを示しています。
  12. 配偶者の死亡時に米国市民と結婚していた: この個人は、亡くなった米国市民の配偶者と法的に結婚していたことを意味します。
  13. 移民の文脈では、米国市民の未亡人または未亡人は、自身が法的永住権(グリーンカード)を求めるために嘆願書を提出する資格がある場合があります。このステータスに関連する特定の移民手続きや要件に従うことが重要です。

まとめ

アメリカ人、永住権保持者との結婚が一番速く永住権を取得する事が可能です。

2. 仕事・雇用による移民:

  • 労働ビザ:
    • 仕事を見つけて雇用主にスポンサーされることで、労働ビザを取得し、その後永住権に移行する方法。

米国の雇用ベースの移民制度における異なる優先カテゴリーに基づく移民労働者のステートメントです。各優先カテゴリーには特定の資格基準と要件が対応しています。それぞれのカテゴリーを説明します

第一希望の移民労働者(EB-1):

  • このカテゴリーの個人は、科学、芸術、教育、ビジネス、またはアスレチックスの分野で卓越した能力を持っていること。
  • 優れた教授や研究者であること。
  • 特定の基準を満たす多国籍企業の上級管理職や役員がこのカテゴリーに該当します。

第二希望の移民労働者(EB-2):

  • 上級学位が必要な職業のメンバーで修士、博士号を持っている
  • 科学、芸術、またはビジネスの分野で卓越した能力を持つ個人(関連の学位、10年以上の職務経験、専門職の資格、専門職団体の会員、業界での評価など、7つの基準のうち3つを満たす必要がある)
  • 国民的利益の免除を求める個人も、このカテゴリーの下で資格を得る可能性があります。

EB-2の申請者に対しては、LCAの手続きが必要

LCAは、「Labor Condition Application」(労働条件申請)の略です。これは、アメリカ合衆国で非移民労働者ビザプログラムの一環として行われる一連の手続きの一部です。主にH-1Bビザプログラムで使用されます。

以下はLCAの主な特徴と目的です:

  1. 雇用主の義務の確認: LCAは、雇用主がアメリカで非移民労働者を雇う際に、その雇用がアメリカの労働条件に準拠していることを確認するための申請書です。
  2. 最低賃金の確認: LCAには、雇用主が非移民労働者に支払う賃金が、地元の同等の仕事に対する一般的な賃金水準を下回っていないことが明記されています。
  3. 職種や仕事の場所の明示: LCAは、雇用主が非移民労働者を配置する職種や仕事の場所が具体的に記載されています。
  4. 法定福利の提供: LCAは、雇用主が非移民労働者に法定の福祉を提供することを確認します。
  5. 一般の労働条件の遵守: LCAは、雇用主が連邦および州の法律に基づく一般的な労働条件に従っていることを確認します。

雇用主は、LCAを提出し、認証を受けることで、非移民労働者をアメリカに招聘する際の法的な要件を満たします。これは特に、H-1Bビザプログラムの参加者に適用されます。

第三希望の移民労働者(EB-3):

  • 熟練労働者: 最低2年の訓練または労働経験が必要な仕事。
  • プロフェッショナル: 少なくとも米国の学士号または外国の同等の学位が必要で、その職業のメンバーである仕事。
  • 未熟練労働者: 最低2年の訓練または経験が必要な無習熟労働を行う仕事。

EB-3の申請者に対しては、LCAの手続き、さらには無期のフルタイム(週35時間以上)の雇用であることが必要です。

まとめ

  • 雇用主を見つけスポンサーになってもらい、永住権を得られるカテゴリー
  • 上位カテゴリほどLCA条件が緩く、取得までの期間が短い
  • 一般的な人に適した移民申請カテゴリー

3. 抽選による移民:

  • ダイバーシティ・ビザ・プログラム:
    • 特定の国々からの抽選で選ばれた申請者が永住権を取得するプログラム。

毎年、一定の枠組み内でグリーンカードが抽選され、当選者は米国永住権を申請する権利を獲得します。抽選には数段階のプロセスがありますが、具体的な当選者数は毎年異なります。抽選の結果、当選者がグリーンカードを申請し、要件を満たしていれば、永住権を取得できます。

2022年までの情報では、毎年約50,000枚のグリーンカードがダイバーシティ・ビザ・ロータリー・プログラムを通じて提供されています。ただし、具体的な当選者数や枠組みは年によって変動する可能性があります。

まとめ

  • 毎年度抽選によって50000人の永住権授与
  • スポンサー、多額の金銭の必要は無し
  • 日本人は最近は1%程度の当選確率
  • 応募資格は、基本的には高卒以上

4. 投資移民

アメリカの新しい商業事業に少なくとも1,050,000ドル(またはターゲット雇用地域またはインフラプロジェクトでの場合は800,000ドル)を投資しているか、積極的にそのプロセスに取り組んでいます。この新しい事業は、少なくとも10人の資格のある従業員のためのフルタイムの職を創出することになります。

  • 雇用を生み出す(雇用主として10人以上のフルタイム(週35時間以上の労働)の労働者を雇うことが必要です。)
  • 投資移民 (地方や高失業率地域への投資の場合は50万ドル(約5000万円)が必要です。それ以外の場合100万ドル(約1億円)が必要です。)

更新

アメリカの永住権(グリーンカード)は通常、特定の期間ごとに更新する必要はありません。永住権は永続的な居住権を提供するものであり、継続的な要件を満たしている限り、有効であり続けます。通常、永住権は10年ごとに更新することが一般的です。

ただし、以下の状況で永住権が失効する可能性があります

  1. アメリカ国外での長期滞在:
    • 永住権保持者が長期間(通常は1年以上)アメリカ国外に滞在した場合、永住権が失効する可能性があります。一定期間アメリカに戻らないと、入国審査の対象となる可能性があります。
  2. 法的な理由による失効:
    • 永住権保持者が法的な問題や犯罪行為に関与した場合、永住権が取り消される可能性があります。
  3. 永住権の更新手続きの不履行:
    • 永住権保持者は、一定の期限内に居住地地方移民局(USCIS)に永住権更新手続き(I-90フォーム)を行う必要があります。これが怠られた場合、永住権が失効する可能性があります。
  4. 自発的な放棄:
    • 永住権保持者が自ら永住権を放棄する場合。

市民権と永住権の違い

あわせて読みたい
永住権って何?国籍を捨てるの?永住権と市民権の違いやメリット、デメリットを解説
永住権って何?国籍を捨てるの?永住権と市民権の違いやメリット、デメリットを解説
ABOUT ME
Niee
Niee
バイトリーダー
ご訪問頂き誠にありがとうございます。管理人のNieeです。現在カナダへ移住して紆余曲折をへて11年になります。どの様に海外移住するのか、どんな地域がなのかを記事を通してお伝えして行きます。よろしくおねがいします。
記事URLをコピーしました